Project DARTS

フリーフォント(日本語・英字)や、フリーソフトを配布中!無料で利用できます。

円安では、デフレ脱却はできない。と思う経済素人のつぶやき。

| 1件のコメント

円安からは本当の意味でのデフレを脱却できないんじゃないかと
経済学など学んだことが無い素人の大声のつぶやきにお付き合い下さい。

私が思う「デフレ」とは?

インフレ・デフレとよく使われ、簡単に説明される感じでは、
インフレ:物価がどんどん上がっていく状況
デフレ:物価がどんどん下がっていく状況
と表現されたりします。凄く大ざっぱに言えばそうなのかもしれませんが、
私が思う「デフレ」は、『人件費を削って起こる物価下落』ではないかと思うのです。

つまり、「デフレ脱却(インフレ)」とは、『人件費の上昇による物価上昇』 だと思うのです。

本当に、円安で「デフレ脱却」できるのか?

円安で家計に影 ×燃料や食品、値上がり △賃金アップ、時間必要 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
この記事の最後に、

円安は輸出産業を中心に企業業績には追い風になるが、賃金上昇には時間がかかる。ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミストは「業績が良くても賃金アップは後回しになる。物価上昇で家計部門は当面苦しい」と指摘している。
と有りますが、まさにその通り・・・もっと言えば賃金上昇は起こらないとさえ思うのです。

円安でデフレ脱却!?というのも、この円安で起こるのは輸入品の価格上昇で、会社すると原価(買値)上昇でしかありません。
原価が上昇したので売値を上げた(=デフレ脱却)と考えるのは、かなり無理があると思いませんか?
会社は売値を上げて得たお金を買いに使うだけで、一向に賃金(人件費)に回せません。
ともすれば、価格上昇を抑えるために人件費を削るかもしれません!

本当の意味でデフレを脱却するには?

正直、素人の私には解りません。
株や、為替のように景気というのも印象(イメージ?)によって左右する要素があると思いますし、
そういった意味では円安で起こる価格上昇もデフレ脱却感を与えるには十分なのかもしれません。
価格が上がり・賃金(年収)が上昇し、使えるお金が増えることによって、さらに物価が上昇する・・・。(=インフレ)を起こすには、
スタートを何処にするかということなのではないでしょうか。
価格が上がるをスタートにするのか、賃金(年収)が上昇をスタートにするのか。

溜め込まず。出来るだけお金を使って景気に一役買っていこうと思う今日この頃・・・。(使いすぎ・無駄遣いには注意!

1件のコメント

  1. 物価はもっと根底に、需要と共有のバランスなんでないの。
    わしもようわからんけど><;
    経営者として、勉強不足です、はい。

    しかしながら、お眠な状態で、この記事を読みました。
    脳が破裂しそうで^^;

    もっと気楽な記事を求むw

コメントを残す

必須欄は * がついています